2017/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28   03≫
プロフィール

kumi

Author:kumi
関東近県在住・O型やぎ座
色々カルチャーショックな毎日でございます。

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
みなさんのコメントに感謝~
FC2ブログランキング
ポチっとクリックお願いします~

FC2Blog Ranking

楽天でお買い物
今年もこの季節
毎年この時期密かに楽しみにしている かっぱえびせん紀州の梅。

今回3袋目(!)で花びら入ってました~
大体、入ってるときは袋を開けるとぱっと見て判るんですが、
今回も入ってないな~なんてポリポリ食べてたら袋の底のほうにありました。
期待してなかった分なんだかラッキーな気分😆💕

花びらかっぱえびせん





今ちょっと、気分は低空飛行中です
実家に戻ってパート労働の日々、何だか一つも楽しいと思える事がないのです
(諸事情ありますが、色々書くのはやめときます)
まぁこれは私の自分勝手な思いですけどね

ここにこのまま暮らしていれば一応は生活は出来ますが、いつまでも兄の家にいる訳にもいかないし精神的にもちとキツイ。
どうせ自立するならこんな不便な所より東京に戻りたい
でも、 今の自分には東京で仕事を得られる自信もない(←いや、頑張れよって話しですけど)

あぁもうどーしたらいいんだろう。
無理やりにでもここを出たほうがいいんだろうか 路頭に迷ったらどうする!?

そんなこんなで頭悩ませ中です。とりあえず、引っ越し資金だけは頑張って貯めてますけどね...

スポンサーサイト


 
魂は何処へ
もう8月も終わりですね

何十年ぶりにお盆を実家で過ごし、迎え火なんか焚いていると『子供の頃はこうして飽きもせず燃える火を延々と見つめてたな~』なんてぼんやりと考えたりして


ブログをほったらかしにしている間の出来事


6月の中過ぎに元夫が亡くなりました

状態が良くないとは言え、今日明日どうこうなる病気ではなかったはずなのに
突然の出来事でした
実はその2週間ほど前に夫の父(私にとっては元義父)も急逝しており、夫の家族にとって何でこんなに悲しい事が続くのかと、義母の気持ちを考えると居たたまれない想いです

私があの家を出たのは、思うに任せない生活に私の気持ちが耐えられなかったことと、
多少は大変な思いをしても、私がいなければ親子で遠慮会釈なく闘病と介護に当たれるのではないかと思った事も一因としてあります
だから、私が居なくなってからの生活が少しはストレスの無いものであるようにと願っていたし、こんなに早く終わりが来てしまうなんて到底信じられませんでした

こんな事なら、もう少し傍に居れば良かった
彼はどんな思いで旅立ったのだろう
しんどかったけど、辛かったけど、そこからは解放されたのだろうか
彼の想いとか願いとか、魂はいったい何処へいってしまったのだろう
今はもう、それを確かめる術はありません


実家での生活には彼の影はなく、彼が亡くなったと言う実感はあまりありませんでした
ただ、Facebookもう更新されないんだとか LINE送ってももう返信来ないんだとか、
彼がこの世界に居ない現実を、ぼんやりと、本当にぼんやりと感じています



お盆休み中、本当に久しぶりに(2年半ぶりかな)吉祥寺に足を伸ばしてみました
自由に自分勝手に暮らしていた頃を思い出して楽しかった
でもふっと、
ここに戻りたいと思って過ごしてきたけれど、戻ってきたってあの頃のように暮らせるわけじゃないんだ
彼と一緒に行った店、食べたもの、何をしてもきっと思い出してしまう
離婚して、彼とは無縁の地での生活だからこそ気丈で居られた
けれど、またこの街に戻ったとしたら、きっと喪失感で押し潰されてしまう
そんな思いがよぎりました


私はこれから、どうして生きたらいいんだろう
久しぶりに会った友人に、『これからは自分の人生を、自分を大事にして』と言われたけれど
自分の人生って何だろう 私はどうなりたいんだろう
今更ながら自問自答しています





 
見たかったんだ
地元とは言え実際自分の家からは見えません なんせ山に囲まれた街なのでね。
先日出掛けたときに最寄り駅の展望スペースから撮影しました

初夏の富士山

雪のない富士山は少しイメージが違いますが、それでも霊峰富士はいつだって心のよりどころ






 
考える時間
実家(と言っても既に両親は居ないので正確には兄の家ですが)に戻ってもうすぐ2ヵ月

ゴールデンウィーク明けから、地元の会社でパートで働き始めました
東京に戻りたい気持ちは変わりませんが、今は先立つものを貯めなければどうにもならない

日々単調で延々と続く作業を続けていると、否が応でも頭の中では色んな事を考えてしまいます

下手したら、私はずっとこの仕事続けるのかな
こうなりたくて高校卒業してからずっと一人で東京で頑張ってきた訳じゃない
かと言って、自信をもって働けるスキルも極めた技術も得てないのは自分自身の落ち度だ
何十年と生きてきて、甘かった人生だなと痛感してます

だからと言って悲観している訳じゃありません
今は、実質的にも精神的にも、私に与えられた考える時間なんだと捉えています
ただただ闇雲に東京に戻りたいと思っていたけれど、
失ってしまった今まで積み上げてきたもの、何者にも成れなかった安穏と過ごした人生を
きちんと見つめ直す必要があるんだと


少しでも早く仮暮らしのような今の生活から抜け出し、自分の生き方を取り戻す
そのためにはどうしたら良いのか、なにが必要なのか、じっくり考えなければ。



それにしても...
生まれ故郷と言っても離れていた期間のほうが長くて、はっきり言って浦島太郎状態です
公共施設とかお店とか、様変わりしてるのでどこに何があるのかも人に聞かなきゃわからないし
人の顔ぶれも、どこのどなたか分からない (元々人見知りだし(^_^;))
伊達に地元なので、その状況がストレスだったりする
友達もいるけど、彼女らには彼女らの生活があるから、そうそう私に付き合わせる訳にもいかないし
思うに、東京での一人暮らしよりここでの暮らしのほうが孤独感が強い

まぁ、それもそのうちどうにかなるんだろうけど





 
気合いを入れねば!
最後の更新からはや何日だろ。
ご無沙汰してしまって申し訳ありませんm(_ _)m

離婚して、実家に戻って一週間。
こちらではネット環境が整ってなくて、職探しなんかもスマホでチマチマやってるんですが・・・


やはり東京で働こうと思うと住所がネックになったりして、派遣登録も今ひとつ手応えがない。

実家の兄には
「また独りで東京なんか行ったって、生活するのにカツカツで貯蓄も出来ない。そんなんで年とってからどうするんだ!?こっちで地道に仕事してお金貯めろ」
と責められ、まぁもっともな意見なんだけど、ここは私のフィールドじゃないんだ。
我が儘だけど、私は自立して生きていきたい。

就職とか、部屋探しとか、今のわたしにはハードルが高いけど、気合い入れて頑張るしかない。


と言いながら、履歴書書き間違えて焦る今日この頃~ 前途多難でございます。(^_^;)



スマホからの投稿って、やっぱりやりにくい(-.-;)





 
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ